• morikawamk

人々は移動している。

学会が行われるハダーズフィールドに向かうため、ホテルをチェックアウトした後、長距離列車が発着するユーストンという駅に行きました。

ユーストンはキングスクロスの隣の駅で、近いので(駅間が短い)、スーツケースを転がしつつてくてくと歩きましたよ。

そして辿り着いたユーストン駅、月曜日だというのに大混在!

コロナ共存政策を取るイギリスでは、人々が何の気兼ねもなく大移動している、と思わずにいられませんでした。

もちろんみんなノーマスクです。

ふと気が付いたのですが、マスクをしているのはお年寄りか外国からの旅行者みたいです。

私は旅行者なのでマスク着用(注:歳を取っているからではありません)。


イギリスの長距離列車には初めて乗ります。

以前、修士の卒業式のためにウェールズ地方に行ったり、ビートルズの故郷リヴァプールを訪ねたりしましたが、その時は費用節約のため、コーチと呼ばれる長距離バスを使いました。

ですから、あまり勝手がわかっていなかったのですが、イギリスの列車ってどこのプラットフォームから発車するか、出発の10分前くらいにならないとわからないんですね。

せっかく早めに駅に着いていても、どこに行ったらいいかわからない。

しかも私が乗る予定だった列車は準備が遅れ、プラットフォームがわかったのは出発5分前でした。そうなるとどういうことが起こるかと言うと、乗客が一斉にプラットフォームに向かって大移動するんです。

みんな焦っているから、足を踏まれたりキャリーバッグをぶち当てられたりします。

何とか列車に乗ってからも、車内の通路が驚くほど狭い(人がギリギリすれ違えるくらい)ので、結構大変です。

密にもなりますしね(みんなマスクしていないのに!)。

バスはバスで時間がかかって相当大変なのですが、列車は列車で大変だな、と実感した次第です。


閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示