• morikawamk

住むようにロンドン滞在したいなら

今回は、ロンドンの宿泊事情について書きたいと思います。

ロンドンにはこれまで何度か訪問し、ドミトリー、B&B、ホテルと、さまざまな形態の宿を利用しましたが、基本的にどこも「高い!・古い!・狭い!」という三重苦を抱えているという印象。

3階や4階の部屋でもエレベーターがなく、狭い階段を、重いスーツケースを持ってヒーヒー言いながら上ったり、部屋が狭すぎてスーツケースを広げられない、なんていうこともザラ。

それなのにロンドン中心部だと1万円以上するのは当たり前でした。

今回の出張でも同じような体験をしなくてはいけないのかな…と思っていたのですが、たまたま、学会の会場に近く、空港から地下鉄の乗り換えなしで行ける場所にアパートの部屋貸しがされているのを見つけたのです。

値段もホテルと同等。

というわけで、今回初めてロンドンでアパートに滞在することにしたのでした。


Fマークの看板手前がアパートの入り口

アパートの入り口ドア。左側の壁に付いているのがキーボックス。

鍵は、事前にオーナーとメールでやり取りをして、キーボックスの暗証番号など教えてもらい、現地到着後、自分で取り出して部屋に入ります。

ですから、チェックイン、チェックアウトといった面倒な手続きは不要。

ホテルの部屋ではなくアパートなので、キッチンなどもついており、かなり広めです。

近くにスーパーもあって、自炊しようと思えばできる環境でした。

また、通常ヨーロッパの中級以下のホテルには部屋に冷蔵庫が付いていないのですが、アパートなので冷蔵庫や電子レンジも完備。

もちろんホテルのように毎日清掃が入ることはありませんし、朝食も付いていないけれど、まるでロンドンに引っ越して暮らし始めたような感覚を味わうことができました。


リビング兼ベッドルーム

キッチン

私は割に、他の国でも安価で広いサービスアパートを宿に選ぶことが多いです。

殊にロンドンのようにホテル事情があまり良くない都会の場合、個人が貸し出しているアパートの部屋貸しを利用するのはとてもオススメ。

ただし、オーナーと直接やり取りする必要があるので、最低限の英語力は必須です。

今回、私は特にトラブルなく滞在できましたが、何かあった場合(例えば水漏れとか)、オーナーに電話をしてクレームを付けなくてはいけなくなります。

安心感という点ではホテルの方が上でしょうが、快適さを選ぶなら断然アパートだと思います。


皆さんもロンドン旅行することがあったら、宿泊先としてアパートを利用してみてはいかがでしょうか。


20回の閲覧

© 2019 Morikawa Lab. Proudly created with Wix.com

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン
  • YouTubeの社会のアイコン