• morikawamk

専門演習「映画プロジェクト開発」第一期終了

2019年後期に初開講した専門演習「映画プロジェクト開発」が、去る1月16日(木)、無事終了しました。

最後の授業は、外部から映画関連の仕事をされているプロフェッショナルや、メディア学部の先生を迎えての公開発表会でした。

受講生24名が5つのグループに分かれ、 作品のテーマ選択から始まり、クリエイティブ・プランニング、ビジネス展開や宣伝プランまで練り上げた 5つの商業映画企画。

どれもオリジナルで、ジャンル的にもバラエティ豊かなラインナップとなりました。


企画①『コデマリ協奏曲』(音楽ストーリー組)

*学生管弦楽サークルを舞台に、クラシック音楽を全編に配した青春ストーリー


企画②『忍 ~SHINOBU~』(ジャンプ組)

*海外人気も高い「忍者」アクションを配した、青春成長ストーリー


企画③『Follow -こんなにも愛しているのに-』(Misty組)

*女子学生のリアル目線でSNSの闇や危険を問う、サスペンス・ミステリー


企画④『Femme Noir』(Actions組)

*日仏合作を念頭に置いたスパイ・アクション


企画⑤『G・S~炎のビクトリーロード』(HGST組)

*ゲーム展開を視野に入れた「幻の国道一号線ロード・レース」に挑む青春物語


自分たちが半年かけて温めた作品だからこそ、どのチームも力強いプレゼンテーションができたと思います。

ゲストの皆さんも、「これが企画だけで終わるのはもったいない」と口々に感想を述べられていました。

それだけの力作ぞろいだったということです。


もちろん、すぐに資金調達を成功させるのは難しいかも知れません。

しかし、授業の中でも言いましたが、自分たちの中で今回の企画を育て続けていれば、いつか実現する日が来ないとは限らないのです。

映画の企画とはそういうものです。

結局、最後に勝つのは、この作品を絶対に世に出したいという作り手の「気持ち」なのです。


受講生の皆さん、是非今回の企画を大事に持ち続けてください。

むしろこれからの展開の方を、私も、演習講師の片原先生も期待しています。


#映画プロジェクト開発


54回の閲覧

© 2019 Morikawa Lab. Proudly created with Wix.com

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン
  • YouTubeの社会のアイコン